最新情報

林あきひろYoutubeチャンネル

林あきひろが掲げる7つの施策

  • 1. 新型コロナウィルス

    市民の生命、生活を守るために、地域医療体制をしっかりと支えていきます。子育て世帯、学生、高齢者世帯等大きな影響を受けた方々への相談・支援体制を強化します。市内経済を守るために、中小企業、小規模事業者の皆様の不安解消に向けた取り組みを、国政、市政としっかりと連携しながら都政から全力で支援してまいります。

  • 2. 子育て

    妊娠期から就学前まで、それぞれのステージにおける切れ目のない支援を拡充します《狛江・調布版ネウボラ》。家庭生活と仕事との調和(ライフ・ワーク・バランス)を考え、仕事と子育てを両立できる雇用環境の整備を働きかけます。児童虐待防止へ向けた取り組みを強化します。すべての子どもが健やかに成長できる社会環境づくりを進めます。

  • 3. 教育

    IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)などテクノロジーを活用した社会(Society 5.0)に向けて、ITC教育の環境整備と質の高い学習内容を提供します。すべての児童・生徒に、プログラミング的思考を育み、アクティブラーニングにより学びを深化させる取り組みを進めます。高校・大学生等への学ぶ意欲を大切に、修学支援をバックアップします。

  • 4. 高齢者

    住み慣れた地域で尊厳ある自立と支え合いの社会に向けて、多様な生活支援サービスの提供と積極的な社会参加を進めます。健康管理、社会参加、生涯学習など健康寿命を延ばす為の施策を充実させます。地域の実情や特性に合った「住まい」「生活支援」「医療」「介護」「予防」をしっかりと提供できる地域包括ケアシステム体制を拡充します。

  • 5. 障がい

    障がいをお持ちの方への理解の促進を図り、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を構築します。医療的ケアを要する障がい児等、支援のニーズ多様化へ対してきめ細かな対応をします。また障がい者の生活援助、就労移行・継続・定着に向けた取り組みを通じて、社会で生きる力を高め自立した生活を支えていきます。

  • 6. 防災・防犯

    災への備え、頻発する自然災害の脅威に備えた強靭な防災都市をつくります。医療と介護の連携をより深め災害時には警察・消防学校等の国、都施設を使用可能にします。犯罪の生じにくい社会環境整備を進め、子ども、女性、高齢者等社会的弱者の安全確保を自治会、商店会、PTA等地域全体で見守る為の防犯への取り組みを積極的に支援します。

  • 7. 地域振興(SDGs未来都市)

    持続可能な開発目標の考え方を活かした地域産業(商業・工業・建設業・農業・サービス業等)振興への取り組みに力を入れます。社会資本(インフラ)の着実な整備、改修と、魅力あるまちづくりを進めることで地域経済の活性化を図ると共に、若者から高齢者まで幅広い年代の雇用の創出、就労、自立に向けた手厚い支援に取り組みます。

林あきひろがめざす あすの東京

林あきひろは、これまでの議員活動における豊富な地方自治の現場での経験を活かして都政に挑戦いたします。新型コロナウィルス禍を皆様と共に必ずや乗り越え、穏やかな日々を取り戻すと共に、強く豊かなまちをつくる為に全力で取り組みます。国政では伊藤達也衆議院議員、市政では狛江市議会「自由民主党・明政クラブ」、調布市議会「自由民主党創政会」との三位一体となった国政・都政・市政のパワフルなネットワークで東京都政を前に進めることを通じて市民生活、市民福祉の向上に努める決意です。

衆議院議員 伊藤達也氏

国政においては、伊藤達也代議士、中川まさはる参議院議員、丸川珠代参議院議員、たけみ敬三参議院議員、朝日健太郎参議院議員の他、自由民主党国会議員と共に、そして市政においては狛江市議会自由民主党・明政クラブの7名、調布市議会自由民主党創政会の7名の市議会議員と共に、日々情報、意見交換を通じてまちの課題を共有し、よりよいまちづくりの為に活動してまいります。

狛江市議会 自由民主党・明政クラブ(敬称略)

谷田部一之、三角武久、栗山剛、しの浩司、辻村ともこ、太田久美子、石井功

調布市議会 自由民主党創政会(敬称略)

元木勇、大須賀浩裕、伊藤学、渡邊進二郎、鈴木宗貴、狩野明彦、大野祐司

議員活動

20年以上にわたる市議会議員(議長)として経験と積みました。様々な地域団体における活動から災害ボランティアまで、常に一市民として先頭に立ち現場主義を貫いて参りました。これからも初心を忘れることなく、政治活動します。

林あきひろのプロフィール

熊本市生まれの東京育ち 59歳 大学卒業後損害保険会社を経て保険代理店経営、平成7年調布市議会議員選挙初当選、現在6期目(元市議会議長)

(経歴)調布市商工会青年部部長、調布青年会議所理事、(社福)調布市社会福祉協議会評議員 (社)調布市体育協会理事 自由民主党調布総支部青年部部長 他

(現在)調布市商工会理事、調布地区防犯協会参与、調布市サッカー協会顧問、調布市サウディアラビア友好会会長 他、

(家族)妻、長女、長男の4人家族

後援会ご入会のお願い

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
後援会へのご入会は、FAXまたはメールにてお申込みをお願いします。
※後援会へのご入会は登録費や年会費等は一切かかりません。

FAXでのご入会はこちら

FAX : 042-499-6569

メールでのご入会はこちら

hayashi@annie.ne.jp

ボランティア募集

林あきひろ後援会のお手伝いをして頂ける方。
ポスタ-などを掲載する場所をご紹介して頂ける方。
少人数のミニ集会からイベント等での挨拶等をご案内頂ける方。

ご入会を心よりお待ちしております。

個人情報の取り扱いについて

林あきひろ後援会は、個人情報保護法を順守する為に下記の通りガイドラインを設けています。

個人情報の管理

個人情報を正確な状態に保ち、不正アクセスなどを防止するため、維持・管理・安全対策を徹底します。